八月三日、消費日記。

消費税受験。
二時間も前に試験会場に到着。
そこで一応理サブ一通り目を通す。
「あぁ。。売返とかでないかなぁ。。」
と期待する。

で、試験開始前。解答用紙が配られる。
「開始前に解答用紙に受験番号と受験地を記入してください」
といわれ、念入りに解答用紙チェック。
「げげ、、理論用紙六枚かいな!!どんだけ書くねん!
計算は…よかった…原則じゃぁ」と心でつぶやく。

問題用紙が配られ透かしてみると
「(+□+;…定義ですか!?」
で、開始。
もう、理論問題のショックで納税義務判定に二十分もかかり
基準期間がない場合の資本金額何万円で納税義務ありかなしか一瞬ど忘れをし、。。。。

-中略-
納付税額ははりきって0円と記入。
理論はもうわけわからんのでどれも適当に規定文と
作文でがんばりました。白紙で出したくなかったので。

「九月からまじめになろう」と、心に誓うのでした。

それにしても途中退出の人が多かった。。

帰りの交通機関で飛び交う受験生の「できた」「できない」話が耳に入って痛かった。。。しかも翌日の法人の予想までされちゃぁね、ちょっと困る。っていうかほんま勘弁してくれって感じやった。。もう、凹んで凹んで。。
[PR]

by fumikko_23 | 2004-08-04 15:22 | 消費税